時代は僕たちを呼んでる

2019/02/12(火) 22:49  カテゴリー/Kis-My-Ft2

さて


今日はあの日ですね
凍えて寒かったあの日。

舞台に5人
パタヤ音楽祭に藤北
そして7人で全国ツアー決まったよ
って発表してるときに茶封筒が届いたあの日。


数日後にこの日の出来事をエントリーしたとき
「長くて濃かった忘れることのない一日」
と書いたんだけど
まさしく、です。

嬉しくて大号泣したのは
後にも先にもあの日以外になくて

泣きすぎて
キスマイが祈りを歌ってるときに
吐き気をもよおしたのも
後にも先にもあの日以外ない(笑)



だいぶあとに
DVDに収録されましたけど
見てみたりもしましたけど
結局やっぱりだけど

あの瞬間に立ち会った者にしか分からない
「感覚の思い出」は、かけがえのないものだなーと。

例えるなら
Kis-My-LANDという歌で
紙チケを使ってみんなで踊ったことは知ってる人も多いかもだけど

前奏からのスローな
♪巡りめぐーるメリーゴーランド♪って7人が登場する間に
ファンが一斉にバッグからチケットを急いで取り出す
っていう感覚は
そこにいないと分からないのと同じ(余計分からん説)



それにしても
デビュー出来て良かったね
今さらですが(*゚∀゚)

ここ数年くらい
ゆったりまったりキスマイを応援してますが
依存して溺れていたときには見えなかったことが見えたり
少し遠くから見て分かったこともあったり

だからでしょうか
デビュー出来て良かったね、と
あの日以来の深い思いをこめて言えたりして(^^ゞ





今度こそ
今度こそ
次こそ

が、何回も何回も続いたから
感慨深い日なんだよね

なので
なにか言葉で祝ったり出来る日ではなく
あえて表現するとしたらこれです


ようやく茶封筒を7人で囲んだ日


スポンサーサイト



拍手ありがとうございます
ホントに励みになります!!
いや意外にこれが励みになるのよー
今後ともよろしくですm(_ _)m

プライベートモード